消費者の意識に合わせて製造コストも考えよう!

ティッシュペーパーの安売り競争が2年半ぶりに再燃してきました。9月10日付の日本経済新聞の夕刊が伝えています。

一般的な家庭には必ずと言っていいほどある5箱パックのティッシュペーパーですが,ドラッグストアなどで軒並み7%ほど安くなっています。具体的には179円から185円程度で売られています。

細かいところをついた記事ですが,ここから経済状況が見えてきます。安売りされているティッシュペーパーで多いのが中国で製造され輸入されたものです。中国経済は成長しているとはいえ製造コストは日本よりもまだまだ安いですから,その分売価も安くできます。しかし,これはあくまでも国内メーカーが中国で製造しているものですから,一般消費者にとっては日本のティッシュペーパーとして認知される可能性が高いです。

ティッシュのように消費者が特にブランド価値を気にせず,身体への悪影響を懸念しないような製品の場合,企業にとってはどんどん製造コストの安い国に製造を委託した方が戦略的に良いですね。数年前にあったバーバリーが中国で製造すると発表したときに猛反発が出たように,ブランド価値の高いものはこうはいきませんが…。即日キャッシング大辞典!あなたが今すぐキャッシングするには?

コストを下げても売り上げに特に影響が出ないような,ブランドを特に意識しないような製品はこうした戦略をとっていくとよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です