スーパーでの買物は買物リストを持参するべき。

お金を使わないことが一番の節約ではありますが、お金を全く使わないで生活することはできませんよね。

ではどうしたらお金をあまり使わないで生活することができるのでしょうか?

ここでは、食料品、日用品の無駄遣いを防ぐ方法をご紹介したいと思います。

スーパー等にお買い物に行く際みなさん買物リストを持参して買物されているでしょうか?

買物リストを買物に行く前に事前に用意しておくだけで、かなりの節約効果が期待できるかと思います。

買物リストを持参せずに買物をしてしまうと、買う必要のないものを買ってしまったり、実は家にあった同じ食品を買ってきてしまったりと無駄な買物が増えてしまいます。

買物リストさえ用意しておけば買う必要のある食品、日用品は一目瞭然です。

また買物リストさえあれば、他に何か買うものはあったか等と考えてスーパーの中を動き回る必要もないので時間の節約にもなります。

あとは買物リストに記載されていない食品等は絶対に買わない、という強い意志でお買い物をすれば、無駄な買物でお金を失ってしまうことを防げます。

年々食品等の値段の高騰が続いていますね。少しの手間ではありますが、買物リストを作成することで無駄な買物は絶対に減ります。

お買い物に行く際には買物リストを持参して賢くお金の節約をしていきたいですね。借金 一本化 おすすめ

APAホテルのデモ、兎に角反日は無視するに限る

アパホテルの置いてある本について、中国(韓国までが)批判してくるのですがタイミング的に大事になった(した?)ニュースが、新聞はもちろんネットで大きく取り上げられている。そして、反APAのデモなども起きているという。
日本在中の中国人がデモをしているところを、反対する右派グループが対立して大騒動になっているという話だ。サイレントマジョリティとしては、もういい加減にしてくれ!という感じではないのかと思うが、どうでしょう。
意外とこのサイレントマジョリティの中には、在日中国人も入っていると個人的には思う。その理由は、デモに集まったのが300人程度だということです。
この人達は、「JAPANが好きだ、APAの…が嫌いだ」の垂れ幕をもってデモをしていたそうですが、日本が好きならこんな垂れ幕は出さないだろう。
日本側は合意事項を守って慰安婦問題は縮小するはずだったのに、韓国側は守らなかった問題で大使を日本に戻したタイミングでAPAの問題を大きく批判したというのも中国の戦略とみるべきだと思います。
韓国の態度も中国の絶え間ない日本へのいわれなき批判も、無視するに限り冷静に他国に真実を粘り強く主張するべきと思います。即日キャッシング注意点

保険の支払い方の見直し

保険の支払い方を見直すだけで、少しですが保険料は安くなります。
大体、皆さんは毎月口座引き落としで支払いをされていると思います。
これを1年間分を一括でクレジットカードで払う様に変更をするのです。
どの保険会社でも、一括で払うと若干安くなります。
加入している保険にもよりますが、年間で2千円から4千円は安くなると思います。
旦那さんの医療保険、死亡保険、奥さんの医療保険、学資保険と入ってる保険が多ければ多いほどお得にはなります。
ただし、一括で請求が来ますので金額はそれなりのものとなります。
基本的には毎月保険料分を積立てをして一気に支払うと考えればいいと思います。
ですので、現在加入している保険を見直す場合は初回が大変です。
一年かけて来年の分の保険料を積み立てて行くか、貯金から一括で払う。または、ボーナスで一括で払うとなると思います。なんにせよ、いずれ払うお金ですので、頑張って捻出しましょう。
最初に書いた様に支払いはクレジットカードをオススメします。
理由は簡単です。ポイントがつくからです。口座引き落としで支払いをしても、ほぼメリットもありません。記帳した時に内容が分かるぐらいだと思います。
クレジットカードのポイントで、それほどお得になるわけではありませんが、年間では何十万も払う保険料ですので、しっかりポイントをもらいましょう。みずほ銀行カードローン 審査