梨本勝・前田忠明がいない芸能レポーターは誰が仕切る

先日行われたアンジャッシュ渡部さんの不倫しゃぁい会見。
煮え切らない回答にどんどん芸能レポーターたちも詰め寄っていました。
しかし、これだがグダグダの会見で不評を買ってしまいました。
同じ質問や似た質問ばかりで会見自体にメリハリもなく視聴者も俯瞰z千燃焼だったといわれています。

その原因はなぜでしょうか?
ここで言われているおは大物芸能レポーターがいないことです。
以前であれば芸能レポーターさきがけの「恐縮です」の梨本勝さん
また大御所の前田忠明さんがいました。
ある方はこう言っています。
「1990年代までは角歔欷に芸能レポーターのエースといわれる人がいた。
梨本勝が口火を切り
前田忠明がそれに続く
そして、須藤甚一郎が時折下ネタ質問を挟み込んでスパイスを効かせていた」

以前は芸能レポーターにも大物といわれる人も数多くいて、年間契約料も数千万円だったとか・・・
彼らは芸能事務所ともツーカーでタレントの結婚スクープを事前に教えてもらったり、かわりに答えにくいきわどい質問はしなかったり。
持ちつ持たれつの良い関係を築いていました。
まさに芸能レポーター黄金時代でしたね。

そんな中で唯一際立っているのは井上公三芸能レポーターくらいではないでしょうか。
しかし、すでに井上公三氏も現場にはあまり出向くこおてゃなく、今はワイドショーのコメンテーターとして目にすることが多くなってきました。
大物レポーターたちも現場から去ってしまったそうした背景の中で今、際立ってきているのが女性レポーターたちです。
しかし鹿野たちの現状もなかなか厳しいようです。
「東京キー局が大手芸能プロダクションへの尊宅からスキャンダルの扱いを忖度しています。
そんな中で会見は貴重な放送機会。
しかし現場は騰勢を摂る人もいなくて、番組から支持されて質問の回答をとるのに必死な状態。
もし、声がマイクに拾えなかったら一大事なんです。」

そんな状況を知ると、先のアンジャッシュの渡部氏のグダグダの会計んも理解できます。

昔はさほど芸能事務所も所属タレントの発言のひとつひとつに目を光らせていなかったものdす。
しかし、今はネットの時代。
タレントの不適切な発言が瞬時にスポーツ紙やSNSで拡散されてしまいます。
そのため芸能事務所もタレントや芸能レポーターへの締め付けは相当激しい物らしいです。

靴の上から足を掻くようなまどろっこしい芸能ニュースが多い現在
ご意見番的大物芸能レポーターの出現が待ち遠しいですね。

親を施設に入れる手順

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です