本人の努力ではどうしようも出来ない依存症

依存症を発症すると克服は困難です。
アルコールや違法薬物など依存性があるモノには興味本位で決して試さないことが大事です。

人は一度快楽を知ってしまうと、中々それから止められるものではありません。
頭では使ってはダメなことを理解出来ていても、欲求を抑えられないのが依存症の怖いところです。
口ではやめるとは言っても、なかなかやめることができません。
そして、欲求を適えるためなら、どんなことでもしてしまいます。
薬物の場合は、禁じられていることだと理解していても抑えられないのです。

芸能人も複数の依存症のニュースを目にします。
アルコール依存症の芸能人を調べると結構な数の芸能人の名前が出てきます。

芸能人であっても、一般人であっても、家族や仕事が大事なのは分かっているのです。
依存症を辞めたい人だって多いのです。

しかし、飲酒は止められない、家族が止めても、酒が飲みたくて仕方がない。
こんなに飲酒をしたいのに、どうして飲ませてくれない?飲酒出来ないと苦しい、苦しい思いをさせられている家族が憎い。
何が大事なのかも分からなくなってしまうのが依存症です。
飲酒で欲求が満たされると、再び何が大事なのかの判断は出来るようなります。

大事な家族から見捨てられても、酒だけは止められない、酒が体に悪いことは分かっている、自覚症状もある。
しかし、いくら自覚症状が出ていても酒は止められない、辛く苦しい自覚症状を紛らわしてくれるのも酒なのです。

しかし、その判断は正常なものではない、酒を飲んで上での判断に過ぎないのです。
そして、誰々だからとか関係なく、皆が悩んでいることなのです。

自分ではどうしようもなくなり医療機関に掛かっても、隔離施設に入って酒から物理的に距離を置くだけで、根本的な治療にはなっていないのです。
入院をして、そこで知り合った入院仲間の励みもあり断酒することは出来ても、あくまで一時的、退院したら、お祝いに酒を飲む。
口を付けるだけのつもりでも、その一口が再び飲酒に走らせてしまいます。
「もう酒は飲みません」と誓っても、その誓いが守られることはなく、アルコール依存症患者は入退院を繰り返します。
口を付けるだけではなく、行かないようにする努力も必要になってきます。

芸能人も、プレッシャー等からストレスも多いでしょう。
最初からストレスを他で解消させないことが大事です。
そして、病気だと受け止めてゆっくりと向き合うことが必要となってきます。
依存症 克服

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です